計画及び予算

令和3年度 事業計画書 (第28期)

当財団法人は令和3年度で設立後28年目を迎え、地域になくてはならない存在として事業の発展に努めていきます。

1.事業実施計画

▼事業実施計画書
  事業 件数 予算額(円) 事業内容
1 地域の産業の振興発展に関する活動の助成 9件 2,150,000 別添令和3年度
助成申請事業の通り
2 地域の社会生活環境の整備等に関する活動の助成 3件 1,060,000
3 地域の社会文化の振興に関する活動の助成 5件 750,000
4 地域の社会福祉に関する活動の助成 1件 170,000
  小計(助成分) 18件 4,130,000  
5 財団の自主事業   600,000 社会福祉等にかかる物品贈呈
  合計   4,730,000  

2.所要資金および資金計画

(1)事業所要資金予定額 … 5,230,000円
  1. 事業費 … 4,730,000円
  2. 管理運営費 … 500,000円
(2)事業所要資金は、基本財産(350百万円)から生ずる利息及び前期繰越金を財源とする。

令和3年度 助成一覧 (第28期)

▼地域産業の振興発展にかかる事業
番号 申請団体 事業名 開催日 開催場所 事業内容
1 富士宮商店街連盟
会長 増田恭子
富士宮商店街連盟空き店舗等賃借料補助金交付事業 R3.4

R4.3
富士宮市商店街 富士宮市が行う「空き店舗等対策事業」の出店確定者に対して、当財団が商店街連盟を通じて店舗賃借料の一部を助成する事業。
2 富士ブランド推進会議
委員長 増田正之
富士ブランド特産品販路開拓支援事業「富士山のめぐみ本舗 富士ブランドコーナー設置」 R3.4.1

R4.3.1
富士川楽座4階 富士山のめぐみ本舗 これまでに富士ブランド推進会議で登録した富士ブランド認定品の周知と販路拡大を目的に、アンテナショップを設け、実販売の足掛かりとする事業。
3 富士山名物グランプリ実行委員会
実行委員長 稲葉美津恵
富士山名物グランプリ2021 R3.11.10

R4.2.23
(動画募集エリア)静岡県と山梨県の富士山周辺地域 富士山周辺地域の食の名物を富士山ブランドとして情報発信するため、web動画を募集し、web投票によるご当地名物コンテストを実施する。
4 富士駅グルメ活性化委員会
委員長 渡邉勇介
富士駅グルメ活性化事業 R3.4.1

R3.9.1
富士駅周辺 富士駅周辺の飲食店を中心に合同販売会、地元生産者支援イベント等を実施、またパンフレット、ホームページ、SNS等による情報発信を行う。
5 富士宮オンラインツアー実行委員会会長 奈良梨恵子 富士宮オンラインツアー2021 R3.4.1

R3.6.30
富士宮市内 富士宮市内の酒造・食品メーカー、観光地などのオンラインツアーを実施、地元商品の購入促進とコロナ終息後に観光に来て頂く事をねらいとする。
6 富士市まちの駅ネットワーク
代表 渡辺榮一
鈴川だるま普及啓発事業 R3.9.1

R4.3.10
富士市内 富士市の伝統工芸品である「鈴川だるま」の普及開発を目的に、オリジナルだるまコンテストと岳南電車車両に鈴川だるまのラッピングを行う。
7 身延線ガード下有効活用プロジェクト
委員長 小川和孝
身延線ガード下利用促進事業 R3.5.1

R4.3.10
身延線ガード下(柚木駅〜竪堀駅)、富士自動車学校教習コース 身延線ガード下などの会場に地域食材にこだわった食のイベントを実施し、観光振興にむすびつけるとともに地元飲食店の支援につなげる。
8 NPO法人樹木いきいきプロジェクト
理事長 喜多智靖
身近なスゴイ植物「イソギク」とローカル鉄道「岳南電車」活用した町おこしプロジェクト R3.4.1

R4.3.31
岳南電車駅ホーム及び線路沿線 在来種「イソギク」の植栽により、多年草の緑化・雑草抑制効果の発揮による景観向上を実現し、観光客誘致の一資源として活用を図る。
9 田貫湖まつり実行委員会
委員長 宮崎善旦
田貫湖まつり R3.12.11 田貫湖 富士宮市北部地域の活性化事業の一環として、花火大会をメインに「富士山」「花火」「音楽」「食」「キャンプ」をコンセプトにイベントを企画。
  小計 9件
▼地域の社会生活環境の整備
番号 申請団体 事業名 開催日 開催場所 事業内容
10 万野希望区
区長 佐々木晃
集会所の備品購入 R4.1 万野希望区集会所(完成予定R4.1月) 万野希望区集会所の新築(令和4年1月完成予定)に伴い、集会所の備品としてカラオケセット及びパソコンプリンターを購入する。
11 内野区誌編纂委員会
会長 遠藤誠
内野区誌編纂事業 R4.1

R4.3
内野区区民館 内野区の歴史を後人に継承・伝承するため、郷土の歴史・地理・伝統文化などを区誌として残したい志を持つ有志が集まり、区誌を編纂する事業。
12 神田川区区誌編纂委員会
委員長 小室重廣
神田川区50周年記念誌作成事業 R4.1.31 神田川区区民館 区の誕生から50周年を迎えるにあたり、現在までの経緯を後世に残す目的で記念誌として区誌を作成する事業。
  小計 3件
▼地域の社会文化の振興にかかる事業
番号 申請団体 事業名 開催日 開催場 事業内容
13 富士ジュニアオーケストラ
代表 茅原初子
富士ジュニアオーケストラ 第13回
定期演奏会
R3.8.22 富士市文化会館ロゼシアター大ホール 地域の小中学生で構成する団員一人ひとりが音楽に親しみ、演奏で地域文化の向上と多くの青少年に楽しんでいただくことを目的に定期演奏会を実施する。
14 全国路地サミット2021in富士実行委員会
委員長 谷津倉龍三
全国路地サミット2021in 富士 R3.11.13

11.14
富士市交流プラザ他 全国の路地及び横丁のまちづくりに取り組む人が一堂に会し、まちづくりに関する講演、旧東海道・岩渕間の宿の面影が残る路地等の街歩き等を実施する事業。
15 日本山岳修験学会富士山学術大会実行委員会
委員長 小長井義正
日本山岳修験学会富士山学術大会 R3.9.25

9.27
富士市ロゼシアター他 日本山岳修験学会富士山学術大会の準備、開催、運営等の事業を実施するとともに、学術発展と地域文化の興隆に寄与する事を目的とする事業。
16 FUJIYAMA PKT実行委員会
委員長 渡邉勇介
富士富士宮キッズサッカー活性化事業 R3.4.1

8.1
富士市内および富士宮市内 中学生を対象としたサッカーのPK大会を期間を分けて実施。またサッカーのテクニックを競う大会をオンラインで開催する。
17 子育て応援コミュニティcodomotto
代表 足立武裕
富士富士宮子育てファミリー応援事業 R3.4.1

9.30
富士市内および富士宮市内 オンライン開催で子育てに関する悩みや疑問の解決法を共有するセミナーを開催。また、親子で楽しめる場を提供し、アウトドアクッキング等を実施する。
      小計 5件
▼地域の社会福祉活動
番号  申請団体 事業名 開催日 開催場所 事業内容
18 特定非営利活動法人
妊娠・子育てネットふじ
理事長 村瀬京子
助産師が伝える性と生のお話 R3.8.7、8.21、9.4、9.18 オンライン
(zoom)
市民が自分の体や心との付き合い方や周囲の人々との関わり方、人生について考える機会を作る事を目的に発達段階に応じた性教育プログラムを実施する。
      小計 1件
  申込先数 合計18先

令和3年度 収支予算書(設立28年度)

(令和3年4月1日から令和4年3月31日まで)
科  目 3年度予算 2年度予算 増減額 説明
T 一般正味財産増減の部        
1.経常増減の部        
【1】経常収益        
(1)基本財産運用益        
基本財産受取利息 5,173,191 7,019,178 -1,845,987 定期預金利息
(2)雑収益        
受取利息 0 0 0 普通預金利息
経常収益計(A) 5,173,191 7,019,178 -1,845,987  
【2】経常費用        
(1)事業費        
産業振興発展事業助成 2,150,000 3,290,000 -1,140,000  
社会生活環境整備事業助成 1,060,000 1,400,000 -340,000  
社会文化活動事業助成 750,000 2,050,000 -1,300,000  
社会福祉活動事業助成 170,000 990,000 -820,000  
啓蒙啓発事業 600,000 600,000 0 物品等の贈呈等
事業費小計 4,730,000 8,330,000 -3,600,000  
(2)管理費        
役員報酬 250,000 250,000 0  
会議費 70,000 70,000 0  
旅費交通費 10,000 10,000 0  
通信運搬費 10,000 10,000 0  
什器備品費 10,000 10,000 0  
消耗品費 10,000 10,000 0  
印刷製本費 10,000 10,000 0 パンフレット・封筒作成
雑費 130,000 130,000 0  
管理費小計 500,000 500,000 0  
予備費 0 0 0  
経常費用計(B) 5,230,000 8,830,000 -3,600,000  
当期経常増減額 (A)-(B) -56,809 -1,810,822 1,754,013  
2.経常外増減の部        
当期経常外増減額 0 0 0  
当期一般正味財産増減額 -56,809 -1,810,822 1,754,013  
一般正味財産期首残高 7,030,000 4,300,000 2,730,000  
一般正味財産期末残高 6,973,191 2,489,178 4,484,013  
※科目間の流用を認める
ページトップ