富士宮信用金庫

金融機関コード1507

  1. ホーム
  2. みやしんについて
  3. 地域貢献

みやしんについて

地域密着型金融への取り組み

~地域の中小企業へのご支援について~

「コンサルティング機能強化」への取り組み

 みやしんは、地元に根ざした地域金融機関として、営業店サポート課と営業店が連携して創業支援や経営相談、経営改善計画、事業再生支援、事業承継相談等、お客さまのライフサイクルに応じた経営支援機能の強化に取り組むほか、お取引先企業個々の課題解決に結びつくきめ細やかな取り組みを行い、地域経済の活性化に向けた事業支援活動を行っております。
 また、企業の経営者のみなさまとともに経営計画の作成、実行に参画し、企業の技術力や将来性等を今まで以上に的確に把握できるよう、外部支援機関等と連携体制を構築していきます。

「ビジネスマッチング」への取り組み

ビジネスマッチング

 みやしんでは販路拡大を目指すお客さまに、事業活動における「出会いの場」を提供するため、各種ビジネスマッチング商談会・展示会をご案内し、ビジネスチャンス創出を支援しております。
 県内の信用金庫が開催するビジネスマッチング商談会・展示会や、県外で開催される各種商談会・展示会への参加サポートを積極的に行っております。

景況レポート

 富士地域(2市)のさまざまな企業・事業所を対象として年4回景気動向などの調査を行い、地域景況レポートとして発行しています。

~中小企業の経営改善への取り組み状況~

中小企業の経営支援に関する取り組み方針について

 みやしんでは、地域の中小企業のみなさまへ、必要な資金を安定的に供給するとともに、経営課題を十分に把握したうえで、お客さま個々の事情について柔軟に対応した経営改善支援に取り組む方針であり、コンサルティング機能を発揮し、お客さまの立場に立った真摯な対応に努めています。

中小企業の経営支援に関する態勢整備について

 みやしんでは、営業店サポート課と営業店が連携して地域の中小企業への経営支援に取り組んでいます。営業店サポート課には営業店店長経験者を配し、営業店の活動に対するフォローを行っているほか、外部支援機関の専門家・アドバイザーの利用にかかる窓口、事業引継ぎ支援センタースタッフとの定期的な意見交換・情報交換など効果的な経営支援活動が行えるような態勢を整備しています。

中小企業支援策「富士宮モデル」について

 新たな中小企業支援策「富士宮モデル」をめざして取り組んでいます。「富士宮モデル」とは、富士宮市・富士宮商工会議所・芝川商工会などが連携し実施している企業訪問による中小企業支援策です。川崎市が取り組む中小企業支援策「川崎モデル」をベースとしながらも、富士宮市の状況に合せて、企業の課題解決や企業間マッチング等も実施しています。

ふじのみや創業支援ネットワークについて

 富士宮市が産業競争力強化法に基づき、地域の創業を促進する施策として、平成28年5月に国から創業支援事業計画の認定を受けたことを契機に、創業支援について富士宮市・富士宮商工会議所・芝川商工会などと連携し、個別相談会等を実施しています。

中小企業の経営支援に関する取り組み内容

創業・新規事業開拓へのご支援
 みやしんは、地域における創業や中小企業の新規事業進出のために、各種ローンをご用意しています。また、地域の商工団体と連携してお客さまの事業計画策定のご支援に取り組んでいます。
成長段階におけるご支援
 みやしんは「中小企業経営力強化支援法」に基づく認定支援機関として、各種補助金申請に関するご相談、海外進出に関する情報のご提供など中小企業からのさまざまなご相談に対応しています。
経営改善・事業再生・業種転換等のご支援
 経営改善・事業再生支援等の取り組みに関して、みやしんでは「経営支援先」を選定し、重点的な経営支援活動を行うなど、お客さま個々の事情に対応した機動的な経営改善支援活動を行っています。
具体的な支援メニューとしては、貸出条件の変更対応のほか、(1)中小企業再生支援協議会の利用、(2)(公財)静岡県産業振興財団による専門家派遣事業利用、(3)ビジネスマッチング支援、(4)富士市産業支援センター( f-Biz )への相談あっせん、等が挙げられます。
 また、「しずおか中小企業支援ネットワーク」に参画することで、これらの活動の実効性向上に努めているほか、静岡県事業引継ぎ支援センターと連携し、事業承継に関する相談を適宜行っています。
~地域貢献・地域活性化への取り組み~

 みやしんは金融機能の提供にとどまらず、文化、環境、教育といった面も視野に入れ、地域社会でのさまざまな活性化運動への協力や地域行事への参加にも積極的に取り組んでおります。

みやしん金融教室

「みやしん金融教室」開催

 地域の子供たちの健全な金銭感覚の養成・金融知識の充実を図ることを目的とした「みやしん金融教室」を開催いたしました。「お金」に関する基本的な知識等を身に付ける機会を提供することで「お金」の大切さを伝えます。

子供たちの安全を願って

「アンパンマン交通安全ハンカチ」をプレゼント

 次世を担う子供たちの交通安全を願って平成31年3月に富士宮市・富士市の新入学児童3,238名全員に“アンパンマンミニタオルハンカチ”をプレゼントいたしました。平成15年3月から実施しております。

「SHINKIN BANK 370万ピカッと作戦2019」へ参加

「SHINKIN BANK 370万ピカッと作戦2019」へ参加

 静岡県内の信用金庫が、静岡県が掲げる「県民一人ひとりが、自らの交通安全に関する意識を高め、交通ルールの厳守と交通マナーの実践に努めることにより、交通事故防止を図る」この趣旨に賛同し、自転車・歩行者の夜間の交通事故防止・交通安全を目的に、富士宮市内のショッピングセンターやスーパーの店頭で反射ツールの配布を実施しました。

「宮おどり大会」

  • 宮おどり大会

 富士宮市の夏を告げる大イベント、「宮おどり大会」には今年で連続参加28回となりました。

「富士宮秋まつり」

  • 富士宮秋まつり

 富士宮囃子が静岡県無形民俗文化財となっている「富士宮秋まつり」へ毎年多くの職員が参加し、地域と一体となり祭りを盛り上げています。

富士宮駅伝競走大会

  • 富士宮駅伝競走大会

 平成31年2月10日に富士宮市の“冬”のメイン行事であります『第69回富士宮駅伝競走大会』に参加しました。また、143名の役職員がボランティアとして大会をサポートしました。

社会貢献活動

社会貢献活動
公益社団法人みやしん地域振興協力基金

基本財産 3億5千万円(富士宮信用金庫の寄付による)

設立趣旨

 富士宮信用金庫創立60周年の記念行事の一環として、平成6年9月に「財団法人みやしん地域振興協力基金」を設立、みやしんの経営理念「地域の成長と前進を求め、みなさまと共に歩みます」を実践するために活動しています。
 富士宮市、富士市において、「産業の振興発展」「社会生活環境の整備」「社会文化の振興」「社会福祉」にかかる事業を行なう団体に対し、助成金を交付する事業を中心に幅広い活動を行っております。
 なお、平成24年4月1日、当財団は公益財団法人に移行しました。今後も、地域の諸団体の活動をバックアップして健全な発展を促進し、充実した事業に取り組んでまいります。

活動実績(平成6年度~平成30年度)

助成金交付実績 585件 191,698千円
財団自主事業 企業見学ツアー 3回
講演会実施 17回
ビジネスフェア視察 3回
商店街視察 1回

 公益を目的とした様々な活動に幅広く助成を実施してまいりました。設立以来25年間に行った助成金交付累計は下記のとおりとなりました。

産業振興活動に対する助成 200件 75,014千円
社会生活環境整備に関する助成 140件 49,874千円
社会文化振興に関する助成 197件 54,900千円
社会福祉に関する助成 48件 11,910千円

※助成金の受付は毎年4月1日から翌年3月10日まで、翌年度実施事業に対して申請を受付けております。みやしん本支店までお問い合わせください。

平成30年度自主事業のご案内

 財団では事業目的の主体である助成事業に加え、自主事業として各種講演会、および企業視察等を毎年実施しています。
 今年度は、静岡県商店街連盟連合会、静岡県商店街振興組合連合会と連携して、かつての賑わいを取り戻し見事に復活した熱海市を訪れ、熱海銀座や駅前商店街の視察研修を実施しました。

インターネットサービス

  • WEBバンキング
  • WEB-FB
  • 残高照会・明細照会
  • WEBでんさいネット
貯める

預金業務

借りる

住宅・消費資金

事業性資金

運用する・備える(保険)

運用する

備える(保険)

相談する
その他のサービス
Get Adobe Reader
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、上のアイコンからダウンロードしてください。
  • 公益財団法人 みやしん地域振興協力基金
  • e-Tax
  • 世界遺産のまち ふじのみや