1. ホーム
  2. かりる
  3. 職域サポートローン

かりる

住宅・消費資金

職域サポートローン

令和元年7月1日現在

ご利用いただける方 当金庫の会員または会員となる資格を有する方(※1)で以下に該当する方
  • 職域サポート制度を導入した事業所に働く経営者・従業員(パート・アルバイト等の非正規社員でも可)
  • (一社)しんきん保証基金の保証を受けられる方
  • お申込時の年齢が満20歳以上の方
  • 反社会的勢力でない方
お使いみち 健康で文化的な生活を営むために必要な資金で次に該当するもの
  1. 申込人または申込人の家族(配偶者、直系尊属(配偶者の直系尊属を含む)、子、孫、兄弟)が必要とする資金
  2. 申込人が自動車関連資金、教育関連資金、住宅・リフォーム関連資金を使途として、自信用金庫を含む金融機関・信販会社等から借り入れたローン(無担保)の借換え資金(借換えに伴う繰上完済にかかる手数料を含む)
    ※自信用金庫の基金保証付ローンについては、職域サポートローン、カーライフプラン、教育プラン、リフォームプラン、無担保住宅ローン(いずれもリピート、エコを含む)の借換え資金(借換えに伴う繰上完済にかかる手数料を含む)に限る。
ご融資金額 500万円以内
ご融資期間 3ヵ月以上10年以内
ご融資利率

基準金利 年4.00%(固定金利・保証料を含みます)

  • 金利情勢により利率が変更となる場合がございます。
金利引き下げ対象項目 次の取引内容等による金利引下げ項目に該当する方は、基準金利から最大▲1.60%金利を引下げいたします。
【取引内容等による金利引下げ項目】   【引下げ幅】
1. 給与振込(10万円以上)取引(※2)または定期積金契約額100万円以上 (※3) ▲0.2%
2. 年金振込(公的年金)の受給 (※3) ▲0.2%
3. 定期性預金残高100万円以上 (※3) ▲0.2%
4. 住宅ローン・旧住公・消費者ローン(証書貸付)を利用 (※3) ▲0.2%
5. 口座振替(3種目以上) (※3) ▲0.2%
6. 当金庫出資会員取引 (※2) ▲0.2%
7. 職域セールス成約案件 (※2) ▲0.2%
8. インターネット仮審査申込受付   ▲0.2%
(※2)本人取引のみ  (※3)同居家族の取引含む
◎上記の合計による最大金利引下げ幅は▲1.60%となります。
◎詳しくは、窓口または営業係にご相談ください。
ご返済方法 毎月元金均等・元利均等割賦返済(元金返済据置期間は6ヵ月以内)
※保証金額の50%以内につき6ヵ月ごとの増額(ボーナス)返済併用も可
保証人・担保 (一社)しんきん保証基金が保証しますので必要ありません。
保証料 保証料は金利に含まれます。
手数料 繰上げ完済又は一部返済等においては当金庫の定める手数料がかかります。(詳しくは「融資手数料一覧表」をご覧ください)
苦情処理措置
紛争解決措置

【苦情処理措置】
 本商品の苦情等は、当金庫営業日に、お取引のある本支店もしくは当金庫企画部リスク管理課(9時から17時、電話:0544-23-3145)までお申し出ください。

【紛争解決措置】
 東京弁護士会(電話:03-3581-0031)、第一東京弁護士会(電話:03-3595-8588)、第二東京弁護士会(電話:03-3581-2249)、静岡県弁護士会(電話:055-931-1848)の仲裁センター等で紛争の解決を図ることも可能ですので、利用を希望されるお客さまは、当金庫営業日に、上記企画部リスク管理課もしくは全国しんきん相談所(9時~17時、電話:03-3517-5825)までお申し出ください。また、お客さまから上記弁護士会に直接お申し出いただくことも可能です。
 なお、東京三弁護士会は、東京都以外の各地のお客さまにもご利用いただけます。その際には、(1)お客さまのアクセスに便利な地域の弁護士会において、東京の弁護士会とテレビ会議システム等を用いて共同で紛争の解決を図る方法(現地調停)、(2)当該地域の弁護士会に紛争を移管し、解決する方法(移管調停)もあります。詳しくは、東京三弁護士会、当金庫企画部リスク管理課もしくは全国しんきん相談所にお問合わせください。

その他
  • 現在のご融資利率やご返済額の試算、保証料等につきましては当金庫本支店までお問い合わせください。
  • 事前の審査がございます。結果によっては、ご希望に添いかねることもございますので、予めご了承ください。

※1 会員となる資格を有する方とは次に該当する方です。

当金庫の営業地区内に居住あるいは勤務されている方


職域サポート契約先の経営者・従業員です。
(パート・アルバイト等の非正規社員でも可)
Get Adobe Reader
PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。